面接の情報

諦めずに何度も面接を受けましょう

一度面接に落ちてしまうとつい自信をなくしてしまい、気になる求人があっても応募をする勇気がなくなってしまいます。

 

結構これが落ち込むタイプの方は長い期間なかなか前向きに出来なかったりも。

 

しかし簡単に自分に合うアルバイトを見つける事が出来る人は少なく、何度も面接をしてやっと今のアルバイトを見つけたという人がとても沢山います。

 

1度くらい面接で断られたからと言って、自信を無くさずにどこがダメだったのかを自分なりに分析をし、次の面接に役立てましょう。

 

失敗をしてそのままでは無く、自分のダメだった部分を分析しステップアップしていく事が大切です。

 

面接に落ちてしまい自信をなくしてしまっていませんか?

 

諦めずに面接を繰り返していくうちに、必ず自分に合う仕事にめぐり合う事が出来るはずです。

面接の情報記事一覧

面接は一目見て決まってしまう、このような事が良くあります。ほとんどの方が見た目を意識しますからね。そのために、身だしなみは、相手に好感を持ってもらえるような身だしなみをするようにしましょう。男女共に正社員として面接に行く際にはスーツが基本です。アルバイトの場合は私服でもOKな場合が多いのですが、私服でもきちんと清潔感があるような服装にしておくのが一番です。パートや派遣の場合でもスーツを着る必要はあ...
髪型ですが、女性の場合はロングヘアの人はアップにする事で清潔感をアピールする事が出来ます。髪の毛を下ろしたままだと、重たく感じてしまいます。また男性の場合には、寝癖が立っていたり、明らかに昨日散髪に行ってきました!というような髪型はあまり良くないようです。そして「ロン毛」とかも良くないようですので注意しておこう。しっかりと髪の毛が馴染む様に、普段からコマメに散髪に行きましょう。また茶髪は印象が良く...
どんなに知っている場所でも、必ず面接の場所まで下見に行くようにしましょう。同じ場所でも、時間や曜日が違うと、交通量も全然違います。特に朝や夕方などは注意。どうしても混む時間帯って、どこの場所でもあると思います。面接と同じ時間帯に、自宅から面接会場まで、どれ位時間がかかるのか、一度下見に行くといいでしょう。特に初めて行く場所の場合には、事前に地図で下調べをしておいても、実際に自分で行くとなると全然違...
予想以上に時間がかかってしまって、面接に時間ギリギリに付いてしまうと、気持ちが落ち着いていないために、面接もボロボロになってしまう場合があります。この「時間」はかなり重要なポイントになり、気持ちの面で全然違う感じになります。ぎりぎりに面接場所へ到着するのと、早めに到着するのでは気持ち的に変わってくるものです。また始めていく場所の場合には、前日に迷ったらどうしようと思ってしまうと、なかなか寝付けない...
面接の際は言葉遣いや服装を気を付ける人は居ても、目線まで気をつける人はあまり居ませんよね。気を抜い面接中に余所見をしたり、キョロキョロしてしまうと、落ち着くが無いと言うイメージを与えてしまいます。落ち着きが無いと言うことは、業務中にミスを繰り返してしまう恐れがあるので、不採用になってしまう可能性が高いです。また緊張をして面接官と目をあわせずに、下を向いたまま面接を受けてしまうと自身が全く感じる事が...
面接の際に何か面接官に質問された事は、はっきりと答えるようにしましょう。わからない事ははっきり分からない、と無理な事は無理とはっきりと自分の意思を、面接官に伝える事がとても大切です。自分の意思をハッキリと言える人は、面接官にも好感をもってもらえる事が出来ます。ただ何でもかんでも出来ないでは、一体何のために、面接に行ったのか分かりません。できない事でも「経験はありませんが、頑張ります」と、前向きな姿...
面接は言葉遣いには絶対に気をつけましょう。初めの頃はどうしても緊張をしているので、敬語を使っていても次第に緊張が解けてくると日常はなしている言葉遣いになってしまいがちです。自分のことを「アタシ」と呼んだり、言葉の最後が「ですが〜」などの様に伸ばしてしまうと、レベルが低く見られてしまいがちです。逆にあまりにも取って付けたように、丁寧すぎる敬語を使うのも、わざとらしく逆効果です。普段から言葉遣いを気を...
面接官の呼び方って意外と難しいですよね。アルバイトの面接に行った時、担当者をなんと呼ぶべきか迷った事はありませんか?「〜様」と呼ぶのが正しいのか「〜さん」と呼ぶのが正しいのか。特別な決まりはないので「様」でも「さん」でも失礼にはあたりません。そのため、呼びやすい敬称で呼んだ方が良いですね。「〜様」の方が使い慣れているのであれば「様」を使いましょう。無理に呼ぼうとして失敗するくらいなら、慣れている敬...
面接官は自分の考えをしっかりと言えない人に対しては、採用をしようと思いません。同じ条件や経歴がある人が居たら、迷わずしっかりと自分の意見を言える人を採用するでしょう。自分の意見をハッキリと言って、それで不採用になっても納得が出来ますね。自分の思っている事を、半分も言う事が出来ずに、不採用になってしまったら後悔ばかりが残ります。自分の意見ばかりを押し通すのではなく、臨機応変に質問に答える事が大切です...