面接 言葉遣い

言葉遣いは慎重になろう

面接は言葉遣いには絶対に気をつけましょう。初めの頃はどうしても緊張をしているので、敬語を使っていても次第に緊張が解けてくると日常はなしている言葉遣いになってしまいがちです。

 

自分のことを「アタシ」と呼んだり、言葉の最後が「ですが〜」などの様に伸ばしてしまうと、レベルが低く見られてしまいがちです。

 

逆にあまりにも取って付けたように、丁寧すぎる敬語を使うのも、わざとらしく逆効果です。

 

普段から言葉遣いを気をつけて、面接の際にポロっと普段の言葉遣いが出てしまっても、恥ずかしくない様に話すようにしましょう。

 

初対面の場合は相手の言葉使いで、相手を判断するケースも良くあります。

 

また他の人から、言葉遣いの悪さを指摘された事がある場合には、言葉遣いを直す努力をしましょう。

 

せっかく能力や資格があるのに、言葉遣いだけで面接で落とされてしまうなんて勿体無いですよね。

 

自分の言葉遣いに自身を持つようにしておきましょう。

面接の言葉遣いもポイント関連ページ

身だしなみに気をつける
面接の基本はやはり「身だしなみ」ですね。ポイントはやはり清潔感です。
髪型もきちんと
面接は髪型も気をつけるポイントになります。もちろん清潔感を出すようにしておこう。
面接場所を下見
面接の場所は下見をしておくことで何かと役立ちますのでしておきましょう。
面接場所は早めに
面接が行われる場所には早めに到着しておくのがいいでしょう。
目線も気にしておく
面接の時の目線なども気にしておきましょう。
質問ははっきり答える
面接での質問などに関してははっきりと答えるのがベストになります。
面接官の方の呼び方
面接官の呼び方についてちょっとした情報を掲載しております。
自分の意見を相手に伝える
面接では自分の意見も相手の方にしっかりと伝えるのもポイントです。