目線も気にしておく

相手の目を見て話しましょう

面接の際は言葉遣いや服装を気を付ける人は居ても、目線まで気をつける人はあまり居ませんよね。

 

気を抜い面接中に余所見をしたり、キョロキョロしてしまうと、落ち着くが無いと言うイメージを与えてしまいます。

 

落ち着きが無いと言うことは、業務中にミスを繰り返してしまう恐れがあるので、不採用になってしまう可能性が高いです。

 

また緊張をして面接官と目をあわせずに、下を向いたまま面接を受けてしまうと自身が全く感じる事が出来ません。

 

面接官の目を見ながら面接をする事で、仕事に関する熱意を感じる事が出来たり、人の目を見ながら話す事が出来る人と言うのは、面接官からも好感を持ってもらうことが出来ます。

 

人の目をしっかりと見て話すのって、簡単そうで意外と難しい事です。

目線も気にしておく関連ページ

身だしなみに気をつける
面接の基本はやはり「身だしなみ」ですね。ポイントはやはり清潔感です。
髪型もきちんと
面接は髪型も気をつけるポイントになります。もちろん清潔感を出すようにしておこう。
面接場所を下見
面接の場所は下見をしておくことで何かと役立ちますのでしておきましょう。
面接場所は早めに
面接が行われる場所には早めに到着しておくのがいいでしょう。
質問ははっきり答える
面接での質問などに関してははっきりと答えるのがベストになります。
面接の言葉遣い
面接は言葉遣いも気をつけたい点になります。普段より意識しておくといいでしょう。
面接官の方の呼び方
面接官の呼び方についてちょっとした情報を掲載しております。
自分の意見を相手に伝える
面接では自分の意見も相手の方にしっかりと伝えるのもポイントです。