身だしなみに気をつける

身だしなみは注意しておこう

面接は一目見て決まってしまう、このような事が良くあります。ほとんどの方が見た目を意識しますからね。

 

そのために、身だしなみは、相手に好感を持ってもらえるような身だしなみをするようにしましょう。

 

男女共に正社員として面接に行く際にはスーツが基本です。アルバイトの場合は私服でもOKな場合が多いのですが、私服でもきちんと清潔感があるような服装にしておくのが一番です。

 

パートや派遣の場合でもスーツを着る必要はありませんが、ジーンズなどの普段着ではなくちょっとよそ行きの服装がベストです。

 

スーツ着用の場合、シワになっていないか、ワイシャツが汚れていないか、しっかりと確認をしましょう。

 

女性の場合はスカート丈がミニ丈のものは、ふさわしくありません。スカート丈は膝より気持ち上程度がベストです。

 

靴に関しても汚れていたり履き古し感のある靴は、清潔感を欠いてしまうので出来たら面接用に1足用意をしておきましょう。

身だしなみに気をつける関連ページ

髪型もきちんと
面接は髪型も気をつけるポイントになります。もちろん清潔感を出すようにしておこう。
面接場所を下見
面接の場所は下見をしておくことで何かと役立ちますのでしておきましょう。
面接場所は早めに
面接が行われる場所には早めに到着しておくのがいいでしょう。
目線も気にしておく
面接の時の目線なども気にしておきましょう。
質問ははっきり答える
面接での質問などに関してははっきりと答えるのがベストになります。
面接の言葉遣い
面接は言葉遣いも気をつけたい点になります。普段より意識しておくといいでしょう。
面接官の方の呼び方
面接官の呼び方についてちょっとした情報を掲載しております。
自分の意見を相手に伝える
面接では自分の意見も相手の方にしっかりと伝えるのもポイントです。